2013年全日本少年サッカー大会開会式 @万博競技場
GW突入とともに、全日本少年サッカー大会の大阪府予選が近づいてきました。全国のサッカー少年が日本一を目指す大会です。今年度の大阪府予選には、350チーム程度が参加するとのこと。宇山SCも全国大会出場を夢見て、今年もチャレンジします。
開会式当日の朝は、9時30分に牧野駅に集合し、京阪電車、モノレールを乗り継いで万博記念公園東口へ。集合場所に集まり、支給されたチケットで入場するチームと、追加チケットで入場するチームに分かれます。
今年は、キャプテンのみの入場行進ということで、ここからキャプテンは別行動になります。キャプテンが入場行進の準備に入る中、他のメンバーはスタジアムに入り、弁当を食べながら開会式の開始を待ちます。
いよいよ開会式が始まり、キャプテンのみの入場行進です。キャプテンのみの行進ですが、350チームもあると結構時間がかかりますね。開会式では、鬼武大阪府サッカー協会会長の挨拶、前年度優勝チーム(セレッソ大阪)からの優勝旗返還、ガンバの選手からの応援メッセージ、選手宣誓などがありました。そして、各チームのキャプテンが退場し、開会式は閉会です。
その後、ガンバチアのキッズチームのチアリーディングがあり、ピッチに2面のコートを作っての8人制の前座試合が行われました。
前座試合のあと、いよいよ選手たちのウォーミングアップが始まります。今日は日差しが強かったせいか、ピッチへの散水が行われました。ガンバのパスサッカーに有利になるように、パススピードが上がることを狙ってのことでしょうか?
 
子供たちは、ガンバとガイナーレ鳥取の選手たちのアップを食い入りように見学してくれているかと思いきや、スタンドと売店の往復に忙しく、ガンバの収益に大きく貢献してくれているようでした。
残念ながらガンバは昨シーズン降格してしまい、今年のサッカーの集いでのJリーグ観戦はJ2の観戦になりました。とはいえ、相手もプロ、元J1で日本代表も有するガンバ相手に燃えているのではないでしょうか? 白熱した熱戦を期待したいところです。
J2に降格したガンバですが、負け試合はないのですが引き分けが多くてなかなか勝ち点が稼げず、2位という順位です。そろそろ昇格をめざして、そろそろ勝ち続ける必要がありますね。
今日は休日で天気にも恵まれ、ガンバサポータでホーム側のゴール裏は埋め尽くされてました。
そしていよいよ試合開始。
ガンバは、ボールを保持してパスは回るのですが、なかなかシュートまで持ち込めません。ガイナーレ鳥取はシンプルにゴール前の選手にどんどん合わせてきます。ゴール前のオフェンスの人数が少なくてもお構いなしです。そんな中、ガイナーレがカウンターから右サイドからのセンターリングをヘディングで合わせて先制点を奪いました。その後も、基本的にはガンバが攻めますが、同点に追いつくのがやっとでした。長谷川監督は、今期最低の出来とおかんむりだったようです。
試合終了後、バックスタンドを埋め尽くした大阪のサッカー小僧のために?、バックスタンドに挨拶に来てくれました。頑張って勝ち続けて早くJ1昇格を決めてほしいものです。

今日の入場者数は16,000人を越えていました。ガンバ選手の挨拶を見てスタンドを出たこともあって、帰りはちょっと出遅れました。公園東口駅の改札も前から長い行列が出来てました。また、万博記念公園での乗換えでも長い行列で、待ち時間発生。帰りは少し疲れましたね。子供たちは元気でしたが...。

今日、開会式を終え、11日からいよいよ予選1回戦が始まります。まずは中央大会進出に向け、コンディションを上げていってください。頑張れ、6年生。
《追伸》 色々と退屈だったので、輪ゴムで遊んだり、変な顔の写真を撮って退屈しのぎをしました。みんなの大事な顔で遊んですみません。が、折角なのでその顔写真を掲載しておきます。どの写真が誰か分かりますよね。中島コーチもいますよ!
それから、ブログのほうにも本日のサッカーの集いの記事を掲載してます。こっちらもご覧下さい。
 サッカーの集い(全日本少年サッカー大会開会式) ←こちらをクリック

     
inserted by FC2 system