全日本少年サッカー大会 開会式
今日は、全日本少年サッカー大会の大阪府大会の開会式。例年通り、万博記念競技場で開催されます。今回は、Bチームとともに行動したので、Bチームサイドから見たレポートになります。
残念ながら、宇山SCは1チームしかエントリーできず、登録人数の制限で、6年生全員をエントリーすることができません。残念ながらBチームは開会式をスタジアムで見るだけになりますが、大阪府下のサッカー小僧が集う会です、是非その目で見て、サッカーをやっている仲間がたくさんいることを知り、サッカーに対するモチベーションをあげてほしいと思います。
まずは、会場に到着して記念撮影! スタジアムへの入場には1時間以上時間があるので、あっち向いてホイ、指相撲などなどして過ごしました。写真は、指でかたどった動物です。
ウラッチのカエル、アスカのワニ、?の蛇の頭?...
ようやく、入場した時にはすでにAチームは、開会式の入場行進のため控えていました。そして入場行進。我々はメインスタンド側で、Aチームはバックスタンド側です。ピッチを横断する入場行進の後、開会式が開催されます。
バックスタンド側の山下コーチもこちらを発見したようです。
開会式では、鬼武大阪府サッカー協会会長(元セレッソ大阪社長,Jリーグチェアマン)の話、選手からのビデオメッセージがありました。
 
開会式が終わり、選手の退場が始まるころ、ガンバの選手が到着します。そうなると開会式どころではないですね。最初に退場したチームはバックスタンドにあいさつする選手とニアミスです。残念ながら、宇山の子供たちが退場する時には、ガンバの選手は全員スタジアムの中に消えていました。...残念!
子供たちも、メインスタンドで見守るBチームや父兄の方々に気付いて、手を振ってくれました。
 
開会式後に、小学生のチアリーディングが始まりました。おやじ化したT山君は、双眼鏡で覗き見中です。少し色気づいたK谷君,Y岡君はオーロラビジョンで鑑賞中です。H畑君はまだ食い気のようです。Y田ママにエサをおねだり中のようです。
そして、ガンバvsモンテディオ戦が始まります。東日本大震災の犠牲者を悼むために、スタジアム全体で黙とうが行われました。
試合は白熱した展開です。ガンバが2点先制しますが、残り10分くらいで立て続けに失点し、同点に追いつかれます。が、試合終了間際に決勝点を決めたガンバがひやひやの勝利です。
最後まで観戦したBチームの子供たちは大盛り上がりでした。
試合終了後、サポータにあいさつする選手を少しでも近くで見ようとスタジアムの最前列に行ったりと、かなりはしゃいでました。これが、今後のサッカーに取り組むモチベーションになるよう祈ります。
 
inserted by FC2 system