Wカップ観戦記(6月7日@神戸ウイングスタジアム)
スウェーデン VSナイジェリア

 いよいよ待ちに待ったWカップがやって来ました。皆さんもTV観戦、またはスタジアムに足を運んでの観戦を楽しんでいますか?
 やっと手にしたチケットを握りしめ、私は神戸ウイングスタジアムに向かいました。スタジアムへのアクセスは、JR兵庫駅からと地下鉄御崎公園駅の2ルートがあります。私の席はEだったので、兵庫駅から25分の徒歩を経てスタジアムに向かわなくてはなりませんでした。
 兵庫駅前は、多くのスウェーデン人?とスウェーデンのユニフォームを着た日本人で賑っていました。Wカップは、世界最大のお祭りです。これから私も楽しんできます。

 暑い中、住宅街を抜け、てくてく歩くこと25分、やっとスタジアムに到着です。入場の際は、簡単なボディチェックのみでスムーズに入ることが出来ました。本人確認をするとの話はどこに行ったのでしょうか?

 神戸ウイングスタジアムは、神戸中央球技場を作り直したものです。神戸中央球技場は由緒あるサッカー・ラグビーの専用球技場で、10数年前までは天皇杯の準決勝はここで開催されていました(今は長居スタジアムです)。昔、何度か見に行きました。
 専用スタジアムなのでトラックが無い分プレイを真近で見れ、観客席の傾斜がきつく非常に見やすいので、今後ビッセル神戸のホームになるはずなので、是非足を運びましょう。万博記念競技場、長居スタジアムより、断然良いです。早速、観客席の上段に行って、スタジアムを見渡して見ました。試合開始まで1時間以上も前なのに、観客席が埋まり始めています。みんなやっと手にしたチケットを持って、待ちきれずに早く来たのでしょうか?
 ちなみに、私の席からの私の1ショット(サービスカットです)。顔をぼかしてみました。

 試合開始40分前、両チームのウォームアップが始まりました。今日は暑いためか、スウェーデンチームは最初はピッチ全体で練習していたのですが、しばらくすると全員が日陰で練習していました。スウェーデンがボールを使ったウォームアップをするのに対し、ナイジェリアは走るのをメインにして、最後の方でボールを使った練習をしていました。
 驚いたのは、レフリーのウオームアップです。ハーフウェイライン付近を何往復も(選手の倍以上)走り続けていました。レフリーも大変だ!







 試合開始5分くらい前から、待ちきれない観客からウエーブが始まりました。スタジアムを3周ほどした頃、FIFAのANTHEMの音楽とともにフェアプレイ旗を先頭に、選手が入場してきました。ワクワクする瞬間です。
 ちなみに、2002WカップからANTHEMが変わりました。それに合わせて、私の携帯電話の着メロも旧ANTHEMから新ANTHEMに変えました。旧ANTHEMは、8年前のアメリカWカップから使われていたと思います。ドイツ人が作曲したと記憶しています。新ANTHEMは、映画『ブレードランナー』のテーマ曲を手がけたヴァンゲリスという人が作曲し、石野卓球という人がアレンジしたそうです。石野卓球さんは日本のテクノ会では有名な人らしいです。個人的には、旧ANTHEMの方が威厳があって好きなのですが...。
 引き続き国歌斉唱のセレモニーです。観客席の隅に陣取ったスウェーデンサポータの大合唱です。ナイジェリアサポータの少なさは、少しかわいそうな気がしました。
 では、これから試合観戦を楽しみます。

 試合は白熱した好ゲームでした。ナイジェリアは、ドリブル中心で個人技で攻め、スウェーデンは早めにスピードと決定力のある2トップに合わせて得点を狙う戦術を取っているようです。ナイジェリアは3バックでしたが、ゾーンで守っているせいか、3人の間に走りこむ2トップへのマークが甘くなり、何度もピンチを招いていました。中盤でスウェーデンがボールをキープしているときにボールウォッチャーになることが多く、マークの確認が出来ていなかったようです。
 まあ、ゲームの分析は専門家に任せるとして、ナイジェリアの個人技(特にオコチャはすごい)を楽しむことが出来ました。終了前には、カヌも途中交代で出場してきましたが、試合は、最終的にPKで2点目を得たスウェーデンが、2−1で勝利しました。この試合で1次リーグ2連敗となったナイジェリアは、死のグループと呼ばれるF組の最初の脱落者となりました。この日は、20:30から札幌で行われる同組アルゼンチン−イングランドの結果も見逃せません。
 試合終了後、ピッチに座り込むナイジェリア選手が印象的でした。

これで、観戦記は終わりです。Wカップの残りはTV観戦で楽しみます。



後日談:このゲームでスウェーデンに勝利をもたらすゴールを決めたラーションのプレーが印象に残りました。試合数日後、加茂スポーツに走り、スウェーデンのユニフォームを買い、ラーションのネームと背番号を付けてもらいました。

inserted by FC2 system