U23日本代表戦観戦04年7月25日@長居スタジアム

今日は、夏休み最初のイベント、U23日本代表とU23オーストラリア代表の試合(キリンチャレンジカップ)の観戦です。長居スタジアムまで6年生12名とコーチ父兄5名で行って来ました。今年は猛暑ですが、今日は夕立があったせいで、比較的涼しく、いい観戦日和です。
前もってお願いしていたように、みんな青いTシャツで集まってくれました。私も、日本代表のレプリカシャツ(18番ONOのネーム入り)に身を包み、サポーターマフラータオルと応援フラッグを持って集合しました。個人で観戦に行く5年生2人+ご家族とも牧野駅で合流し、いざ、長居スタジアムへ!
今日は、天神祭りで花火があるので、浴衣を着た人が多く見受けられ、京阪電車もいつもより混んでいました。電車の中に青いシャツを来た一団(私たち宇山SC)は、そのなかで異色でした。しかし、淀屋橋で御堂筋線に乗り換え、長居駅に近づくにつれ、私たちのようなグループがどんどん増えてきました。
いよいよ、長居スタジアムに到着です。まずは記念撮影。長居スタジアムに初めて来た子も多いとのこと。たまには、お父さんとセレッソの試合でも見に行ってください。けど、万博の方が近いかな? 私なら、サッカー専用スタジアムの神戸まで足を延ばしますが...。
長居スタジアムは、ワールドカップにも使用されたスタジアムです。子供たちも、その大きさに驚いているようです。試合開始前の1時間半以上前に到着したにもかかわらず、私たちの席は、スタンドの上の方しか空いていませんでした。5年生とは入場の際にはぐれてしまいました。
まずは、腹ごしらえです。それから、友達や、家族へのお土産も今のうちに買っておきましょう。
選手たちがアップをしに出てきました。とたんにスタジアムは活気づき、日本コールが湧き上ります。入場時に配布された青い紙をかざして、スタンドはブルー一色です。ところが、宇山SCの子供たちは、さめたもので、日本コールに参加しません。スタジアムの雰囲気に怖気づいているのでしょうか? 折角応援に来たのだから、しっかり応援しなくっちゃ! 『おーー、ニッポン、ニッポン、ニッポン、ニッポン! オイ! オイ! オイ!』 ,『-,、-、 ニッポン!』。ちなみにサッカーでは、ニッポン、チャチャチャ ではありません。ご注意を!
残念ながら、アウェイ側のスタンドだったので、目の前ではオーストラリアの選手たちがアップをしています。日本代表は、遠い方のゴールでアップです。みんな双眼鏡を奪い合いながら、日本代表の練習の様子を見ていました。

だんだんと試合開始が近づいてきました。場内には、選手紹介がアナウンスされます。向かい側のホームのゴール裏の応援は、凄いです。ウルトラス ニッポンのビッグフラッグがスタジアムに広がります。選手が入場する直前には、ビッグユニフォームもスタジアムに登場しました。
一体となって日本代表を応援しています。宇山SCのみんなも、ちゃんと応援しよう!
みんなで起立して、国歌斉唱(君が代は、林田健司さんが歌いました)を聞いた後、いよいよ試合開始です。
試合は、残念ながら、日本代表が0−1で負けてしまいました。オーストラリアはフィジカルに強いと思っていましたが、実際には、パスワークに優れ、ここというときには、ダイレクトパスを多用し、スピード感あふれる攻撃をしてきます。日本の方は、コンディションが上がっていないのでしょうか、攻撃にキレ、スピード感ともありません。後半途中に石川選手が登場して、少し変わりましたが、それでも同点に追いつくことは出来ず、試合終了です。
試合後、この日フル出場した大久保選手が、地元ファンにあいさつするために、トラックを1周していました。私の目には、得点できずにゴメンナサイと謝っているように見えました。
会場から出るときは、大変な混雑で、だいぶ時間がかかってしまいました。夜11時に、なんとか牧野駅に到着です。皆様、お疲れ様でした。夏休み最初の思い出になったでしょうか?

最後に苦言を2つ。
 @電車は、公共の乗り物です。電車の中では、騒ぎすぎないように。隣の人に迷惑をかけないこと!
 A折角、試合を観戦に行っているのだから、試合中は、ちゃんと試合を見ましょう。お菓子ばかり食べないこと!
  サッカーがうまい子の方が、しっかり観戦できていたように思います。
inserted by FC2 system