りそなカップ開会式05年9月17日@長居スタジアム
 今日は、6年生にとっては大阪府の最後の大会となる、知事杯(りそなカップ)の開会式です。いろいろ刺激を受けて、これからサッカーに対してもっともっと一生懸命取り組むようにとの願いを込めて、4年生も連れて行きました。が、担当コーチの私が朝寝坊して、大遅刻。ご迷惑をおかけしました。言い訳は、《woodのブログ》に...。
 それから、電車で移動する時のために、チケットホルダー(名札ケース)を40個用意しました。宇山SCのシールを貼って、みんなに配りました。
 写真は、開門時間を待つ子供達です。ご父兄の方も多数引率応援いただきました。ようやく開門になり、今回は、真ん中の上のほうの席を確保。試合を見るにはちょうどいい席かな?
 みんな、しっかり試合を見て、サッカー上手くなろう! しかし、その思いは簡単に裏切られました。4年生! 遊びに来たんではないよ! 試合を見るときは、ちゃんと見ましょう。来年の全日の開会式と知事杯の開会式は、君達は連れて行くのをやめようかな。練習していた方がマシだったかも。
いよいよ、開会式です。柴田君が入場してきました。相変わらずのシャイな性格。顔を隠しての入場です。もっとプラカードを高く掲げんかい!
 ようやく私のほうに気付き、笑顔を送ってくれました。
今回、参加チームは300チーム弱でしょうか、トラックいっぱいに広がっていて、デジカメのフレームに収まりきれません。
 開会のあいさつでは、なんとか全員が芝生の上で開会式が出来るようにしたいとおっしゃっていました。万博ではやらせてくれるのに、長居ではだめなんです。はやく、何とかして欲しいものです。去年の全日の開会式は万博で開催され、その時は、全員が芝生の上を歩いて(ただしスパイクは禁止)、開会式を行いました。各チーム20人としても、5000人がピッチに出るのですから、壮観でした。
 参考⇒ 04年度の全日開会式レポート

 選手宣誓は、昨年優勝した大阪セントラルの選手です。去年の知事杯で、大阪府中央大会の1回戦で対戦して、我が宇山SCを5−1で負かしたチームです。去年のことを思い出して、6年生担当コーチでもないのに私は、少しだけ闘志がわいてきました。
 今年の6年生は、きっとやってくれるでしょう。まずは中央大会を目指して頑張りましょう!
開会式のあとは、恒例の大阪府トレセンの紅白戦です。ところが、4年生がいません。試合が終わる頃にやっと帰ってくる始末です。一体何をしにきたのでしょうか? この子達にサッカーを教えるのがイヤになってきました。腹が立ったので、ビールの飲んでいたら、子供達が、ポテトチップをくれました。つまみがなくて困っていた私は、助かりました。もう少し、この子達にサッカーを教えましょう。
冗談はさておき、最後のJリーグの試合の時も、真剣に観戦しているようには感じませんでした。せっかくJリーグという日本の最高レベルの試合を見るのですから、何かを感じて、サッカーに対するモチベーションをあげて欲しいというコーチの思いはなかなか伝わりませんね。子供達は、楽しいものなら何でも良いのでしょう。サッカーが一番楽しいというように子供達を導いてあげなければ、サッカーも上手くならないと感じました。
さて、子供達は、大阪なのでセレッソを応援するのかと思っていたら、意外とジュビロのファンが多かったですね。日本代表が多いからでしょうか? 福西選手が出場停止だったので、川口選手のアップを撮ってみました。試合結果は、セレッソが 2−0で快勝しました。
inserted by FC2 system