2013年度 お別れ会 @花池会館
今年も卒部の季節がやってきました。ワールドカップが日本で開催された前年か同年3月までに生まれた子ども達が、宇山SCから旅立って行きます。サッカーのスタートを宇山SCで切った子も多かったのではないでしょうか? 3月15日、今年も例年通り、花池会館で卒部生のお別れ会を開催しました。この学年は、低学年のときから人数が多く、厳しい競争の中で皆が切磋琢磨した結果、数々の大会で好成績を収め、頂いたトロフィー類は80数個という、過去最高数です。
 
お別れ会では、代表からの挨拶、卒部生から記念品の贈呈と進み、続いて担当コーチからの挨拶がありました。さすがに6年生になると、コーチの話もしっかり聞けるようになったようです。

記念品は、テーブルセットをいただきました。主催大会や合宿などで、大事に使用させていただきます。
そのあと、Aチーム/Bチームに分かれて、各々出し物を披露してくれました。

Aチームは、アテネオリンピック応援ソングの『栄光の架け橋』を唄い、Bチームは会場全員参加のクイズを行ってくれました。Aチームの子の中には、歌詞に自分の思いを重ねてか、若干1名涙ぐむ子もいました。

A/B各チームの出し物の終わりには、各チームから関係したコーチに、感謝の印として色紙が贈呈されました。
それから、お菓子を食べながら、ご父兄が作られた卒部生の過去の写真やビデオを元にしたスライドショーを、皆で笑いながら観ました。ニコニコ動画顔負けのコメントには笑えましたね。

その後、クラブと担当コーチから卒部生全員に記念品の贈呈がありました。今年は涙もなく、淡々と頂いていたようです。実際、時間が押していて、感傷に浸る暇はなかったかも。
クラブからは、例年通り宇山SCのユニフォームをかたどった名前入りのキーフォルダーを贈呈しました。大事にしてくださいね。
そして担当コーチからは、これからも怪我なくサッカーを続けてほしいとの願いからか?、シンガード(すねあて)が贈られました。

最後に、卒部生が頂いたトロフィーやカップ、盾、そしてパネル写真の抽選会。狙いのものを手に出来たでしょうか?
大阪から転居する人、三中以外に進む人、クラブチームでサッカーする人、それぞれ今までとは違う環境に進むわけですが、宇山SCで培った強い心を持って、これからの人生、しっかり歩んでください。お疲れ様でした。そして、これからも頑張れ!
inserted by FC2 system