ニチレクが主催する淡路ウインター交流会に参加しました。
12チームが参加し、初日は4チームずつ3組でリーグ戦を行いました。初日の結果で、各組の順位と勝ち点,特失点差を考慮し、1位から12位まで決まり、2日目は、1-4位,5-8位,9-12位ごとに、トーナメントが行われました。
12月に入って寒い日が続きます。特に中旬以降は、日本列島に非常に強い寒気団が居座り、寒い淡路島遠征になりましたが、優勝という結果を得ることが出来ました。
《1日目》
朝8時に牧野駅に集合し、枚方市駅を8時30分発車する高速バスに乗り込み、一路淡路島へ。高速バスは、宇山SCの貸しきりに近い状態です。
いよいよ明石海峡大橋を渡り、淡路島に。ようやく、津名町の佐野運動公園に到着しました。3年前、日韓Wカップでイングランドがキャンプを行った場所です。
第1サッカー場の芝生は良い状態です。けど、去年のなみはやグランドの方がもっと良かったですね。初日の会場は、第2サッカー場(芝生は枯れかけ)と、多目的グランド(芝生は枯れてます)。それでも枚方の陸上競技場より、良い状態です。
第3サッカー場は、新たに人工芝のピッチに生まれ変わるようで、工事中でした。人工芝が一番綺麗ですね。
第1試合の前に、まずは腹ごしらえ。寒い上に風が強く、完全防寒対策をしながらの昼食です。試合開始まであまり時間が無かったので、全部食べない子もいました。

そして、アップを行い、いよいよ予選リーグの第1試合が始まります。相手は、奈良広陵さんです。試合したことが無いので、相手の強さは分かりませんが、自分達の戦いをするのみ。コーチから指示を受け、さあ、試合開始。

下山君がシンガポールに旅行中ということで、今日はボランチに朝比奈君が、右サイドに木原君が入ります。最初はポジションに戸惑いも見られましたが、すぐに慣れて、宇山ペースで試合が進み、5−0で勝利しました。後半、メンバー交代を順次行い、全員を出場させることが出来ました。
2試合目の相手は徳島のソシウスさんです。6年生だけでなく、それ以下の学年も多く含んでいるようでした。北川君のフリーキックなど、5−1で勝利し、1位通過をかけて、次の西陣戦に望みます。
この試合、後半、全メンバーを入れ替える余裕はありそうだったのですが、交代は1名のみでした。こういう試合では、出来るだけ全員を出場させてあげたいですね。
風が更に強まり、寒さも増してきた第3試合。予選リーグ1位通過をかけた京都の西陣中央SSCさんとの試合です。
しかし、緊張からか、寒さからか、動きが悪くどうもしっくりいきません。相手チームは気合十分で、まずいなあと思っていたら、頼れるCFに成長した(かな?)本並君が前後半、1得点ずつを決め、予選リーグ1位になりました。試合後、誇らしく挨拶をしていました。
他の組のリーグの1位との得失点差の関係で、初日の予選リーグでは、12チーム中1位になりました。明日は、1-4位トーナメントです。頑張って優勝を勝ち取りましょう!
宿に入り、まずはお風呂です。大浴場で、みんな冷えた体を暖めることが出来ました。
そしてみんなで夕食。明日のために、スタミナをつけておきましょう。ただ、私から見れば、みんな食が細く、大丈夫かいな?と心配したくなるほどです。
食事の後は、またまた、プロジェクタを持ち込んでのビデオ上映会。今日は、昨シーズンのチャンピョンズリーグの決勝トーナメントのDVDを見ました。これで、イメージトレーニングが出来、ゴールを量産してくれることを祈ります。
《2日目》
昨日にも増して寒い日です。1回戦の相手、比叡さんは気合十分。それに対して、宇山はどうも旅行気分が抜けません。試合は、一方的な相手ペースになりました。どうも、出足が遅く、いつもの動きのキレがありません。ポストに助けられたりで、なんとか凌ぎきり、PK戦で。PK戦でもミラクルを発揮し、決勝へ進んでしまいました。
サッカーに優勢勝ちがあれば完全な負けでしたが、なんか相手に申し訳ないような...。相手チームは悔し涙を流していました。本当に一生懸命プレーしていましたね。
途中に、中宮さんとのフレンドリマッチを組みました。そこで、出場機会が少なかった選手を試合に出すことが出来ました。
そして、決勝戦。相手は三宮さんです。この試合も厳しい戦いでしたが、動きも良くなり、どちらかといえば、決定機は宇山の方が多かったのでは? ただ、相手の10番,11番は非常に上手く、DFは苦労してました。
それでも、得点を奪うことは出来ず、またしても引き分け(1−1)でPK戦に。そしてPK戦を4-3で制して、優勝です。
『優勝』という、最良の結果を得て、非常に寒い中ではありましたが、遥々淡路島まで来た甲斐がありました。寒い中、同行いただいたご父兄の方のサポートのお陰です。
今回は、公共の交通機関を利用しましたが、個人の自動車で来るほどの自由がきかず、サッカー以外のところで少ししんどい思いをしました。
来年以降、この大会に参加することは未定(ご父兄と要相談)ですが、来年も参加するなら、自家用車にしたいところです。
6年生チームは、非常にチームワークが良く、まとまりがあります。今回の遠征を通じて、さらにチームの絆が強くなったのではないでしょうか? 次は、いよいよウインターカップです。ウインターカップで優勝を目指しましょう。
淡路ウインター交流会レポート 05年12月17-18日
inserted by FC2 system